医療機関に定期的に受診|散歩の合間にボディチェック

痛風の原因

錠剤

高脂血症の症状が気になるならこちらをチェックしましょう。食生活改善以外の治療方法も把握しておく事で万が一の際にも役立ちますよ。

痛風といわれたら

痛風といわれた方は、まず食事を振り返ってみましょう。 痛風はプリン体を気をつければいいんだとプリン体オフのビールに変えれば大丈夫と思っていませんか。 また、体型について確認しましょう。肥満の方は尿酸値が高くなる傾向があります。食事の食べ過ぎや運動不足など生活リズムなどを見直すことで改善する場合もあります。他に、水分の摂取が少ない方も要注意。尿酸を尿として対外に排出していますが、水分が少ないと中々外に出せないため体内に残りやすいのです。意識して食事の時以外にも水分をとるようにしましょう。この水分は水かお茶がお勧めです。最近、ジュースなどの科等が多い飲料の多量摂取が尿酸値を上げるとも言われてますので、注意しましょう。

プリン体の少ない食事

痛風とは、血液中に尿酸がたまり手足の末端で痛みが生じます。尿酸を高くならないようにするには、プリン体を取り過ぎないようにすることが重要です。プリン体は体内で尿酸に合成されるからです。 プリン体と聞くとビールという方もいますが、食事にも多く含まれるものがあります。レバーや干物類にかなり多く含まれます。焼き鳥のレバーとビールという組み合わせはよくないです。他にも魚介ではカツオや大正えびなどにも多く含まれます。一般的に明太子やいくらなどプリン体が多いイメージの食品ですが、とる量を考えると食べ過ぎなければという程度になります。逆に健康によいイメージの大豆製品が食べる過ぎるとプリン体を多く含むのでこちらのほうが問題になったりします。 また、アルコール自体が尿酸を上げるので、プリン体オフだからといって飲みすぎると痛風になりやすいので要注意です。