医療機関に定期的に受診|散歩の合間にボディチェック

突然音が消える恐怖

聴診器

どんな人がなる病気なのか

ある日突然音が聞こえなくなると言う事がどれほど恐ろしい事かを考えた事がありますか。突破性難聴は本当に突然音が聞こえなくなる病気なのです。 原因としては過度な肉体労働をしたり、交通事故などで頭を強打した事に起因すると考えられていました。 また、高齢になり聴力が落ちたため仕方がないと諦めていた人も多いはずです。しかし、ストレス社会と言われる昨今では事故や過度な労働だけが突発性難聴の原因ではなくなってきているのです。 そのため、著しいストレスを感じて突発性難聴を引き起こしている人が多く、中には治療の甲斐なく聴力を失ってしまう人もいるのです。突然の事なのでどこの病院で診察して貰えば良いのか分からず、そのままにしていた事が最悪の事態を迎えてしまったのでしょう。

音が聞こえなくなったら

突発性難聴は他人ごとではありません。老若男女を問わず突然起こる病なのです。 もし、この症状に見舞われたら一刻も早く耳鼻科を診察することが望まれます。昔のように横になっていたら良くなるなどと言っていてはいけません。 症状が重い様であれば入院し、血流改善剤などの点滴治療を受けます。また耳の内部の炎症を抑える為に、ステロイドなどの薬の服用も有効だと判断される場合もあります。最悪の事態を避けるためには安静を保つ事も必要になって来ます。 適切な処置を受けた後は安静を心掛ける事が回復への第一歩だと言う事が分かって来ているのです。 大きなストレスを受けた場合は突発性難聴になる可能性が多いので、ストレスと上手に付き合いながら大事にならない様に木を付ける事が大切です。