HOME>オススメ情報>メリットいっぱいの免疫細胞療法について

メリットいっぱいの免疫細胞療法について

ウーマン

がん悩みを放置してはいけない

がん治療の標準治療と言えば、放射線治療と化学療法の二大柱が有名ですが、この治療後には、再発の心配が懸念されるのが一般的です。「病は気から」と言いますが、闘病中に「完治できるだろうか」や「再発するかも」などの悩みを抱えたままだと、気分が落ち込み、治るものも治らなくなります。直接、病巣を無くすことも必要ですが、再びがんにならないために、免疫力をつけて前向きに治療することが大切です。今、標準治療の他に注目されつつある免疫細胞療法は、患者自身の免疫細胞を鍛えて、がん細胞を退治する新しい治療法です。この治療の大きな特徴は、患者の免疫力を上げるなど、体質改善を行うため、再発の心配が軽減され、病気に強い体になるということです。そのため、免疫細胞療法を受けた患者は、がんなどの病気を根本からやっつける力が備わり、再発の心配がかなり軽減されます。がんの種類やステージによっては、予後が厳しく、完治が見込めない症状の場合もありますが、体質改善を行い、諦めずに明るく前向きに治療を行うことが大切です。

病院

免疫細胞療法の良さとは?

がん治療には、抗がん剤による副作用がつきものだと言われており、脱毛や吐き気、倦怠感に悩まされるがん患者が多くいることが事実です。副作用によって体力が奪われ、治療そのものが上手くいかずに、闘病を終える患者も多くいるため、副作用の軽減は必要不可欠となっています。今、新たながんの治療法として注目されている免疫細胞療法は、従来の標準治療と異なり、副作用が少ないことが知られています。健康な人でも、毎日、がん細胞が作られており、免疫細胞が正常に活動することで、がんになることを防いでいると言われています。免疫細胞療法は、患者自身の免疫細胞を使って、免疫力を高めてがん細胞を無くす治療法であり、自身の細胞を使うため、副作用が無いと言われています。そのため、患者は普段と変わらない日常生活を送りながら治療を続けることができるという、大きなメリットがあります。がんになっても、普段と変わらない生活を送り、落ち着いた環境で治療を行うことが、病気に打ち勝つために必要な事です。